お知らせ

2017-07-10

エアマットレス講演会

本日、株式会社モルテン 山本 健嗣 氏にお越しいただき、
「身体にかかる圧の影響と対策」の講演会を開催致しました。
実際にモルテンのエアマットレスを使って身体の圧を測定したり、
枕を足や背中におくことで身体の圧が軽減できたりと様々な圧の変化の違いなど
を知ることができました。
エアマットレスを使用する際に今回、学んだことを活かしていきたい
と思います。

2017-07-07

☆七夕ランチデー☆

本日、七夕ランチを行いました。
今回のメニューは「七夕そうめん、お星さまハンバーグ、七夕水ようかん」
でした。
そうめんは平安時代から七夕の日にお供え物として食べられて
おり、食べることで病気が流行らないという意味もあるそうです。
夏のさっぱり中心のメニューで美味しく頂きました。

2017-07-02

☆フラダンス☆

本日、当院職員が所属しているフラダンスチーム”ボエ ボエ フラ”の皆さんがフラダンスを
披露してくださいました。
1曲ごとに衣装も変わり、とても華やかで、ダンサーの方々の笑顔が素敵でした。
中盤では、フラダンスの手のふりの意味を教えていただき、患者様と職員も
一緒に歌いながら手遊びフラを行いました。
一足先に夏を感じられ、日常生活から南国にいるかのような気分を味わえたひと時でした。

2017-06-27

お楽しみランチデー

本日、お楽しみランチを行いました。
今回のメニューは「バターライス、魚のソテー~カポナータ添え、コンソメスープ、マセドアンサラダ、
紫陽花デザート」
となっており、
季節にピッタリの紫陽花をイメージしたデザートや栄養満点の旬な野菜を多く使い、とても美味しく頂きました。

2017-06-26

HIV講演会

本日、新久喜総合病院 感染管理認定看護師 髙平 裕樹 様にお越し頂き、
「HIVについて」の講演会を開催致しました。
HIVとAIDSの違いや血液媒介病原体による感染、感染対策として
HIV感染症の感染対策は標準予防策の遵守で十分なことや適切な曝露後予防内服を
行うことでHIV感染リスクをほぼゼロにできるなど、初めて知ることがありました。
標準予防策による対応を意識した上で、感染予防に繋げていきたいと思います。

2017-06-21

☆とろみの勉強会☆

本日、株式会社フードケア 花井 健司 様にお越し頂き、
「摂食嚥下の基礎とトロミ調整食品について」について外部講演会を
開催致しました。
会では摂食嚥下についてや食塊の形成・移動を助けたり、咽頭への
流入スピードを抑えるトロミ調整食品についてお話を頂きました。
トロミ剤はつけすぎによる誤嚥などの注意が必要で、講演会に参加した
職員も実際にトロミ剤を使ってお茶や牛乳を使ってかきまぜる体験を
することで気付いたことや分かったことが多くありました。
今回、学んだことをリハビリや看護に活かしていきたいと思います。

2017-06-17

☆家族教室☆

本日、当院作業療法室にて「介護保険制度について」をテーマに家族教室を開催致しました。
今回は地域のケアマネージャーさんにもお越しいただき、介護保険についてのご説明を行っていただきました。
介護保険制度の手続きの流れとして申請、訪問調査、認定審査、認定結果通知の順で行われ、要支援1・2、
要介護1~5の介護認定や非該当(自立)の判断がなされます。
介護認定された方は在宅サービスや施設サービス、地域密着型サービスなど多岐に渡り、
サービスを受けることができます。
必要に応じて患者様に合ったサービスを受けることができるのが特徴で、たくさんの方に支えられてこの制度やサービスを受けることができると感じました。
次回の家族教室は7月15日(土)12:00~
テーマは「福祉用具について」です。

2017-06-09

☆園芸☆

本日、4階屋上広場にて患者様と一緒に園芸を行いました。
トマトやナスの苗の植え方にも工夫をしながら植えました。
患者様はリハビリだけではなく、園芸を通じて他の患者様との
コミュニケーションにも繋がり、職員の私たちの方が
園芸について学ぶことが多くありました。
植えた苗がこれからどう育つか今から楽しみです。

2017-05-27

☆RUN伴+PLUS YAMATO☆

本日、「2017RUN伴+PLUS YAMATO」に当院職員が参加致しました。
RUN伴はすべてのまちで、認知症になっても安心して暮らせる
ようになることを目指し、認知症の人や家族、支援者、一般の人が少しずつ
リレーしながら1つの襷をつなぎ、ゴールを目指すイベントです。
地域の方や施設の職員、患者様たくさんの方にご声援をいただき、
全員ゴールすることができました。

2017-05-23

外部講演会

本日、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 リハビリテーション部 
理学療法士 最上谷 拓磨 先生にお越し頂き、
「急性期脳卒中患者に対する運動療法の実際」について外部講演会を開催致しました。
会ではリハビリへの取り組みや評価・分析方法について説明して頂き、
文字や言葉よりも図や絵を使って分かりやすく患者様に説明していることや
リハビリ訓練の映像で以前と現在の比較でリハビリの効果が表れているのが分かる映像を
見ることができたのが印象に残りました。
他の病院でのリハビリの取り組みについて知ることができる貴重な機会でしたので
今回学んだことを今後のリハビリや治療に活かしていきたいと思います。

前の10件 <<  1  2  3  4  5  6  7  8  >> 次の10件